十二運気星の解説

十二運気星の解説

運気のパワー

 

 

【胎】

希望の夜明け、草花にたとえれば発芽の始め、女性の場合は日柱に持つ人は姑とは相性が悪い。男女とも性格は優しく気楽な人、取り越し苦労が多く環境に支配され易く気の迷いが多い、理想に走り目先のことにとらわれやすく再婚の相ありで再婚する人が多い。

 

【養】

養子に縁があり、幼少期に実の母親以外で育てられる可能性がある、性格は温厚で頼まれると嫌と言えずついつい答えてしまう性格で忍従型で温和です。

結婚は何度も結婚したりする、人もいる。

養子になった人は幸せを得る可能性が高い、女性は養子で福を得る。

 

【長生】

両親の愛を一身に受ける運を持ち、健康運いい影響を持ち寿命が長く幸せに暮らせます、争いを好まず温厚で夫婦仲の良い家族を作ります、人間関係も良好な方で親、兄弟よりも親しい知人に恵まれます、初年は悪くても次第に発展し成功しやすい。

;ういhb@@いう@う8

【沐浴】

性格は社交性があり情が多く少々浮気性で相手や周りに不足不満の感情が強いので、家族との関係が不安定になりやすい、見た目はお洒落で、恋多き人生になる。

気ままな所があるので全体的に人生が浮き沈みが激しくなってしまう。

 

【冠帯】

クヨクヨすることがあまりなく、とても前向きな性格で勝気な前進型で押すことは得意だが、引くことが苦手なところがあるがとても常識人でもある、いつまでも若々しく、経済力も強く話も上手、困難に直面しても弱音を吐かず、女性は特に容姿端麗な人が多い。

 

【建禄】

人の長となりやすく統率力も抜群にあり、努力型で人から信用される、頭もよく活発な人であり、弁もたつただ、寛大な性格ではなく、人生の前半に逆境があった人は大発展をし努力が実りやすい、崩れても立ち直るので、そいった意味では強い、ただ女性にこの星があると、夫を尻に敷きやすくかかあ天下になる。

 

【帝王】

運で言えば最強運である、同情心もあり、細かいところには口に出さない。

誰かの下で指示されるのは苦手でとてもプライドが高い。リーダー向きな性格ですでも実力がともわないと裸の王様になりやすいので、そこには注意。

独立心旺盛で(正官、正財、印綬)があれば大発展する。

 

【衰】

徳人の星、温和で静かなことを好学問風流を好み、いわゆる学者肌で、宗教家で芸術かに多い。女性でこの星があると